“手拭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てぬぐい71.4%
てぬぐひ15.5%
てぬぐ9.5%
てふ1.4%
ハンケチ0.5%
てねげ0.3%
てぬげ0.3%
てねぐひ0.3%
てのご0.3%
てのごい0.3%
タオル0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どんな些細なことでも見逃さないで、例えば、兄は手拭を絞る時、右にるか左に捩るかという様なことまで、れなく調べました。
ところがつたとき、嘉十はさつきのやすんだところに、手拭れてたのにがつきましたので、いでまたしました。
鹿踊りのはじまり (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
そうかと思うと一人の女は、鬱金手拭いで鉢巻をし、赤いを十字に綾取り、銀色の縄で熊を結え、それを曳きながら歩いて行く。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
とん、とん、とん……とその襟元へ二階から女の足音がすぐ降りて来た。如才なく彼のそばへ手拭きやらなど取り揃えて
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
男は黒き上着に洋袴穿く。折々は雪をく白き手拭が黒き胸のあたりにう。女は紋つきである。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
資本の二でこんで餓鬼奴等までにや四五いでくのにや手拭でもつてる放心した料簡ぢやらんねえかんな」さんの
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
手拭つてこつちいてる姐樣ことせててえもんだな」がつたから瞽女一人揶揄つていつたものがある。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
汽船けたがどうしたのか途中故障出來たので土浦いたのは豫定時間よりはれてた。土浦勘次一包つて手拭つてぶらさげた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
をひろひて山よりかへりしといふ娘を見るに、髪は油気もなくまろめつかねたるをにてひ、ふるびたる手拭ひにて頭巻をなし、木綿袷づきたるがなみより一尺もみじかきに
どこの町でも魚類売りは行商人花形役者で……早乙女が採った早苗のように頭の天頂手拭をチョット捲き付けて
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)