“紵”の読み方と例文
読み方割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
常並の人のには唾液を用ふれども、ちゞみの紵績には茶碗やうの物に水をたくはひてこれをもちふ。事毎ひ座をめてこれをなすなり。
夏刈の麻のがらの軽き身をわれから重くするや何ゆゑ
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)
そも/\ふるは近来の事にて、むかしは此国にてもとのみいへり。布はにてる物の総名なればなるべし。