“を”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:
語句割合
32.3%
11.3%
9.4%
6.8%
6.7%
4.3%
3.3%
2.6%
2.4%
2.0%
1.8%
1.3%
1.1%
0.9%
0.9%
0.7%
0.7%
0.6%
0.6%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何の氣なしに電車に乘つてから築地にる宇田流水の事を思出して、在宅か否かは知らぬが兎に角無聊を慰める爲めに彼を訪問した。
新帰朝者日記 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
長吉仕方なしにだ左へ左へと、いゝかげんにれてくと蔵造りの問屋らしい商家のつゞいた同じやうな堀割の岸に二度も出た。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
有爲轉變の世の中に、只〻最後のきこそ肝要なるに、天にき人に離れ、いづれれぬをば、何處までしまるゝ一門の人々ぞ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
なるものは蚊柱てるでぶる/\とがしながら、ぱさり/\といてへてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「いゝえ、私、何よりも見附かるのがうございますの。ですから、そのになるやうなことは何も申上げないことにいたします。」
三十七十二某夜なりき、灌水へてきしもなく、何者りて七福ふとげたりとむ。
命の鍛錬 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
ここにその御刀に著ける血、湯津石村りつきて成りませる神の名は、石拆の神。次に根拆の神。次に石筒の神。
わが父はつれづれのひひめもす飽かず、鶉籠とさし寄せ、行き通へよくへとぞ、いると、膝に肘張り、眼を凝らし、ただにおはせり。
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
わがどちはこの我は、わが妻とても、今さらにさずともよし、さずともよし。ましら玉しら玉あはれ、しら玉の米、玉の米、米の玉あはれ。
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ちやんはふやう、『何時へるんだかにはらないわ、めもしないでてさ』ちやんは我慢してつてゐました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
香具山畝傍しと、耳成と相争ひき、神代より斯くなるらし、なれこそ、現身も妻を、争ふらしき」
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
張る氣を母氣とすれば、る氣は子氣である。逸る氣は直上して功を急ぐ氣で、枯草乾柴の火の續かず、飆風の朝をへざるが如き者である。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
わたくしは筆をくに臨んで、先づ此等の篇を載せて年をね、謗書旁午の間にわたくしをして稿をふることを得しめた新聞社に感謝する。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
わが帆木綿の上なる穉子をゆすぶる傍にて、媼はうみつゝ、我に新しき祈祷を教へ、まだ聞かぬの上を語り、またこの野邊に出づる劫盜の事を話せり。
食料しがるなんちつくばりもねえもんぢやねえか、本當つたかりだから、らだらかしちやかねえ、いやくだよ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
貴僧、こゝからりるのでございます、りはいたしませぬがうございますからおに、)といふ。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
曾我十郎の歌は、「今日出でて巡りあわずば車のこの輪のうちになしと知れ君」とあった。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
の田に沁みつつひびく蝉のこゑ夕づきにけりうつくしき晴
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
の沢のいかもの店に女唐ちその桜花盛りなり
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
隱し念佛の亡者にならうとして居るんだぜ——お藏念佛の新發意になつたら最後、切支丹の方からは破門で、眞つ逆樣に地獄にちると思ひ込んだことだらう。
夏刈の麻のがらの軽き身をわれから重くするや何ゆゑ
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)
母娘をみあはせましたが、しさうにその何方からもともはず、そしてのうしろ姿がすつかりえなくなると、またせつせと側目もふらずにしました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
絹の絲ととの間を行くやうな妙な絲の。此で、切れさへしなければなう。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
国のため天下のためちからつくしおり申候。どふぞおんよろこびねがいあげ、かしこ。
くすの木の木垂るしげは秋風に吹かれの瓢ころぶすが如し
長塚節歌集:1 上 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
すこしばかりの賄賂しみし御蔭にて憐れなる初花太夫は磔刑火焙りか。音に名高き初花楼も取潰しのほか候まじ
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
馬鹿野郎はりは太吉をかこつけにれへのこすり、つて父親讒訴をいふ女房氣質れがへた、おなら手前魔王商買人のだましはれてれど
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
帽子 土偶中には帽子を戴きたるが如くにられたる物二個有り。一は鍔の幅廣き帽子をば後部にて縱に截り、をば下の方にきて且つ後頭部にし付けたるが如きなり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
牛をも大切にする風があつて、角を絵具で染め又は金属でうて居るのを見受けた。又牛のを幸福のに額へ塗つて居るヒンヅ人にも沢山出会つた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
れどらぬ八重ぬことよふてかしてもさそうなと打怨ずればやうにいそぎなされますなと打笑ひながらより御返事りしなりがおしからぬかとかれてくわつとくなりつとヾろかれてしほぐさにはにもらぬを
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
おのもおのものりたまひへて後に、その妹にりたまひしく、「女人先立ち言へるはふさはず」とのりたまひき。然れども隱處して水蛭子を生みたまひき
ここに殿一〇より出で向へたまふ時に、伊耶那岐の命語らひて詔りたまひしく、「しき汝妹の命、吾と汝と作れる國、いまだ作りへずあれば、還りまさね」
かれ出雲に到りまして、大神を拜みへて、還り上ります時に、の河一八の中に黒樔の橋一九を作り、假宮を仕へりて、さしめき。
太子正勝吾勝勝速日天の忍穗耳の命にりたまはく、「今葦原の中つ國をへぬと白す。かれ言よさし賜へるまにまに、降りまして知らしめせ」
マアういふ事は滅多にない事でございます、我々のやうな牛はに骨の折れる事一通りではありません、女牛られる時の痛さといふのはりませんな
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
貫一は目を側めて遊佐がへり。そのに鋭きの光はく彼を襲ひて、に熱する怒気を忘れしめぬ。遊佐はち吾にれるやうに覚えて、身のきにるを省みたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
その時三月近く滯在してゐた母の家で父が寫眞をやつてゐた。
ここにすなはちそのりのの片端もちて、待ち打ちたまへば、その目にりて、打ち殺しつ。かれその坂に登り立ちて、三たび歎かして詔りたまひしく、「吾嬬はや」と詔りたまひき。
熊野なる鰹の頃に行きあひしかたりぐさぞもかとせこそ
熊野奈智山 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
思ふにコロボツクルは是等の石器を用ゐて草木食用りしならん。石皿のして適切には非ざれど、き名をひ付かざれば通稱に從ふのみ。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
衣手 常陸の国 二並ぶ 筑波の山を 見まくほり 君来ましぬと 熱けくに 汗かきなげ 木の根取り うそむき登り の上を
二、三の山名について (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
あり の木の枝。 (歌謠番號九九)
そうすれば、椎の小枝を折ってそれに飯を盛ったと解していいだろう。「片岡の蒔かば今年の夏の陰になみむか」(巻七・一〇九九)もであろうか。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
またその身にまた檜榲生ひ、その八谷を度りて、その腹を見れば、悉に常に垂りれたり
既に見へば目を閉開するも、皆明了ならしめよ。是を日想となし、名づけて、初観といふ。
山越しの阿弥陀像の画因 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
じて/\、たとへかるゝとも。』と斷乎としてへた。大佐微笑びてめた。
んと思ひ込みしにと仕たり瞬間に本山に着けど馬に水もかはず只走りに走る梅澤櫻澤などいふ絶景の地に清く廣やかの宿屋三四軒ありに一宿せざることのしさよ山吹躑躅今を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
其涙はれてかなしく、にすがりて何時までもきしが、三歳子いつはりにはらで、こと心根にしみてしければこそ、其夜閑燈のもとに令孃がみて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
さて屍を干し乾して凡そ三十日ほどき、その間に親族集りて木を伐り棺を制するなり。(中略)奥地タライカヲリカ辺にては屍骸を三年の間乾し曝し置くなり。
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
御返書いまだ達し不申、然に彼寺田屋のよくめの金私でふつごふに候間、元と金百両が出来ねば先日さし出候書の如く、去年よりの利金十八両だけなりとも、此使へ御渡し奉願候。
山陽は此年壬辰六月十二日に始て喀血し、翌十三日より著述を整理することに著手し、関五郎をしてこれに任ぜしめ、九月二十三日申刻に至つて功をへた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
りて、かの
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ふくろはいぼれ
赤い旗 (旧字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
是等石鏃は鳥獸獵の射損じて地にちたるものなるべく、其存在の事實は、如何にコロボックルが鳥獸捕獲の爲め高山に登りし事有るかを告ぐるものたり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
〔譯〕る者は能くを見る。顯にる者は晦を見ず。
めて瞭乎たり、じて北方を俯視すれば、越後の大部岩代の一部脚下にり、陸地のくる所青煙一抹、く日本海をむ、むらくは佐渡の孤島雲煙をふて躰をはさざりしを
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
大君は天の譴怒ら照らす御光しみたまへり
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
かねてぞ千葉たれぬ。汨羅屈原ならざれば、みはとかこつべき、大川からぬひて、永代よりの汽船乘込みの歸國姿、まさしうたりとありし。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
彼等きて先づ火焚き塲の火をにし、食物調理を爲し、飮食を終りたる後は、或は食物原料採集に出掛け、或は器具製造に從事し、日中のしたる後
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
れてはじめての! 從者もつれずりはじめの七かと物珍らしくおもしろかつたが、段々つて澤山のくるしいことやしいことが、るところに待伏
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
けだし氏輝は女は遠ざけたが、「若衆春留はぬさる」小姓を愛し通したのだ。
そつとりやう いや、おどろいてしまつた