“血”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
89.8%
のり7.8%
あけ1.2%
けち0.6%
べに0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ぼくはがよかったよ。こん夜はめてもらいたいね。ひさしぶりにゆっくりりたいんだ。ベッドをでよごしてすまなかったね。
随竜垣に手を掛けて土庇の上へ飛上って、文治郎鍔元へ垂れるいながら下をこう見ると、腕が良いのに切物が良いから、すぱり
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
併し振り返ると、そこにはった死人が無気味な人形の様にしていた。その様子が明らかに夢ではなかった。
灰神楽 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
えんのつかあなから一疋
蛍狩 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
しかるにこれを訴人して、後にざまあ見ろをくらって、のりになってくのは、芝居でも名題の買って出ぬ役廻であろう。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)