“べに”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ベニ
語句割合
85.8%
臙脂8.8%
口紅1.7%
紅唇1.0%
紅脂1.0%
唇紅0.3%
嚥脂0.3%
紅潮0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
車の中の人は見えないが、裾濃に染めた、すずしの下簾が、町すじの荒涼としているだけに、ひときわ目に立ってなまめかしい。
偸盗 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
裲襠のすそを音もなく曳いて、鏡のまえに一度坐る。髪の毛、一すじの乱れも、良人を暗くするであろう。臙脂も、せていてはならぬ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
口紅白粉の薄化粧をほどこしているさま、敢て魔神のいを身にうけんとして来た化粧としか思われません。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、玉枝は、笹いろに光る紅唇のあいだから、細かい歯を見せて、遠心的に
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
七歳の時紅梅を御覧じて「梅の花紅脂のいろにぞ似たる哉阿古が顔にもぬるべかりけり」十一の春(斉衡二年)父君より月下梅といふを玉ひたる時即坐に「月、 ...
こんな立話のまも、彼女はそわそわとのおくれ毛や唇紅せを気にして、また、つと鏡の間へ入って、身粧いを見直し、それからやっと如海の前へ出て、婉然と、あいさつしていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
少し大きい唇にさした嚥脂の、これもどい色の今は怖ろしいよう、そして釣目は遠い白雲を一直線に眺めている。
菜の花物語 (新字新仮名) / 児玉花外(著)
勢いを得たとともに、自責羞恥紅潮となってかれの頬をいろどる。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
小翠はただ首を垂れて微笑しながら手での隅をむしりだした。夫人がいってしまうと小翠はもういたずらをはじめて、元豊の顔をでくまどって鬼のようにした。
小翠 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
しかるにこれを訴人して、後にざまあ見ろをくらって、のりになってくのは、芝居でも名題の買って出ぬ役廻であろう。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)