“唇紅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くちべに80.0%
べに20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのまゝ樹下に立せ玉ふ石地蔵𦬇びたちながら、懐中よりして鉛粉のところはげたるをつくろひ、唇紅などさしてをなす、これらの粧具をかりに石仏く。
ハルミが、べっとりと唇紅のついた吸いかけのを置いて、立って行った。
睡魔 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
こんな立話のまも、彼女はそわそわとのおくれ毛や唇紅せを気にして、また、つと鏡の間へ入って、身粧いを見直し、それからやっと如海の前へ出て、婉然と、あいさつしていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)