“唇形”の読み方と例文
読み方割合
しんけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この植物のうちけてつたえるものにはくて紅緑をもつた優美なこまぐさや、鋸葉四出したのさきに唇形がむらがつてゐるみやましほがま
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
サア、味噌までにも及びません、と仲直り気味にまず予にめてくれた。花は唇形で、少し佳いがある。食べると甘い、忍冬花であった。これに機嫌を直して、楽しく一杯酒をした。
野道 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)