“植物”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しよくぶつ39.1%
しょくぶつ39.1%
うゑもの4.3%
ちよくぶつ4.3%
ビヂタブル4.3%
フロラ4.3%
フローラ4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紅葉しさは、植物そのものゝ種類と、その發生状態とでそれ/″\ひますが、一面には附近景色にも左右されるものです。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
世界植物するたちで、おそらく、わたしをっていないものはあるまいね。わたしは、かなちました。
みつばちのきた日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
私は朝飯前から畑へ出て丹精の植物め、艶々した葉の緑の吹流し見た様な、アツサリした茶色の髪が奇麗に垂れた間から黄金色の実の見える塩梅などをト見カウ見して
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
それ人類の食糧と云はゞスタンダードチョイスリーダー三 フレデリック大王の質問をまたずと雖も動物植物鉱物の三種を出づべからず。鉱物は水と食塩のみ。他は植物と動物となり。
『片無しでもありません。今、其処で植物発見けましたが、動物が見付かりません。』
人間を植物として見る。決して動物として見ない。(プルウストの小説には決して黒猫も、忠實な犬も出てこない。)
フローラとフォーナ (旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)