“動物”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どうぶつ73.6%
いきもの9.4%
フォーナ3.8%
けだもの3.8%
けもの1.9%
だうぶつ1.9%
もの1.9%
アニマル1.9%
ファウンナ1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
野生だけでも、二百六十八種その家畜動物十六種もゐますが、こゝでは動物についてしくおしませう。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
たとえば恩を知る動物が人の手から放たれでもしたようである。やがて振り返り振り返り、まだき史家村から元の少華山へ立ち去った。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人間を植物として見る。決して動物として見ない。(プルウストの小説には決して黒猫も、忠實な犬も出てこない。)
フローラとフォーナ (旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)
「だから僕、そういったんだ、いいえ、あの、先生、そうではないの。人も、猫も、犬も、それから熊も、おんなじ動物だって。」
化鳥 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
まつた一は、それこそ滑稽觀物でした——諸羽泥塗れに、動物毛皮毛皮膠着かんばかりに全濡になり、がたら/\ちるのでつて
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
けれども人間には智恵といふものがあつて、これにはだの、だのといふ動物ばない、といふことを、川岸まつてるからつて、をあげておさとしであつた。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
何だか変な動物が時々来るよといっておったそうである。
一寸怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それ人類の食糧と云はゞスタンダードチョイスリーダー三 フレデリック大王の質問をまたずと雖も動物植物鉱物の三種を出づべからず。鉱物は水と食塩のみ。他は植物と動物となり。
『片無しでもありません。今、其処で植物発見けましたが、動物が見付かりません。』