“けだもの”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
67.0%
獣物15.3%
6.8%
獸物3.4%
獣類1.7%
動物1.1%
怪物1.1%
野獣1.1%
0.6%
獸類0.6%
毛族0.6%
野獸0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自然界では、鳥、、虫けらの果てにいたるまで、毎日、無量の殺し合いをしているが、かつて刑罰を受けたということを聞かない。
うすゆき抄 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
その腕を広げて、あろうことか、私にらしいみを見せてまいったのです。そして、その獣物のような狂乱が、とうとう私に……
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ちょうどさんが遠足くときにひる水筒じものでありますが、これはめはつた水袋からそのたのです。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
あれこそは此世名譽といふ名譽が、った一人王樣となって、帝座ぢゃ。おゝ、といふ獸物ぢゃは、かりにもういふとは!
「イヤ。トテモ大椿事ですばい。アンタ方は知りなさるまいが、鯨はアレで魚じゃない。獣類ですばい」
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「だから、さういつたんだ、いゝえ、あの、先生、さうではないの。も、も、も、それからおんなじ動物だつて。」
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
や、戯謔ぢやない、今度は真面目の話だ——ソレ、の向ふに北海道土人の阿房払宜しくと云ふ怪物が居るだらう、サウ/\、あの丸井の禿顱と話してる、——彼奴誠に人情を解せん石部党で
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
いや、女の肉に飢えた野獣だ! 兄上! もはやこの軍使と言葉を交す要はござりませぬ。札荅蘭族の運命は決まった。ひとり残らず、この地球の表面から抹殺されるだけのことだ。
プリニウスの説に、驢は寒を恐る、故にポンツスに産せず、また他の通り、春分を以て交わらしめず、夏至において交わらしむと。
これを概するに、荷を負うにもそれぞれ向々があって、馬は平原にしく、象は藪林に適し、砂漠に駱駝、山岡に驢がもっともよく役に立つ。
らしうもらしうもえて、獸類らしうもゆるともない振舞! はてさて、てた。誓文今少立派氣質ぢゃとうてゐたに。
平和暴人ども、同胞刃金不埓奴……きをらぬな?……やア/\、汝等まなる嗔恚血管よりさうとむる獸類ども
そんな無法な目にひながら、だ借りざる先の紳士たる徳義や、良心を持つてゐて耐るものか。孝経が解るくらゐなら高利は貸しません、彼等は銭勘定の出来る毛族
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
つたか馬鹿野郎!』と、イワン、デミトリチはんで、めてく。『やいけろ! けろ! けんか! 開けんなら打破すぞ! 人非人! 野獸!』
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)