“けもの”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ケモノ
語句割合
76.1%
8.1%
獣物6.7%
1.7%
野獣1.3%
家畜1.0%
毛物1.0%
海獣0.3%
獣類0.3%
獸類0.3%
動物0.3%
怪物0.3%
毛族0.3%
獣蓄0.3%
獸物0.3%
着物0.3%
群畜0.3%
0.3%
走者0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう云って、多田刑事は、小さい紙片を手渡した。警部はのように低くりつつ、多田の聞書というのを読んだ。「よし、会おう」
省線電車の射撃手 (新字新仮名) / 海野十三(著)
野生だけでも、二百六十八種その家畜動物十六種もゐますが、こゝでは動物についてしくおしませう。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
腕の何処かに触れたらしく、あっと低く、く声がしたと思うと、黒影は咄嗟に二つに分れて、暗殺者が、傷ついた獣物の素早さで、闇に消え行く姿が見えた。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
巧みにの状をして人を脅かし非を遂げたのであろう。
私は初めて人間の生血をる、恐ろしい野獣の所為をまのあたり見た。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
そのうえ、上の入歯をくしたせいもあったでしょうか、いやに下唇ばかり突き出てしまって、それを見るとほんとうに、ひとしお家畜めいてらしく思われました
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
今度の馬は杖でる度ごとに、蹴ったり竿立になったりする毛物で、大部せき立ててやっと伸暢駈足を始めたが、それがまた偉い勢で飛んで行くのである。
「折竹さん、海獣とばかり交際ってて、あたしを忘れちゃ駄目だよ。一度、ぜひ伺わせて貰うからね」
人外魔境:08 遊魂境 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
こりゃね、一つお前さんに仕方をして貰おうよ。海獣の訓練の順序を
人外魔境:08 遊魂境 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
その事なれば及ばずながら、某一肢の力を添へん。われ彼の金眸意恨はなけれど、彼奴猛威をうして、余の獣類りにげ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
総じて獣類は胎生なれど、多くは雌雄数匹みて、一親一子はいと稀なり。さるに御身はただ一匹にて生まれしかば、その力五、六匹を兼ねたり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
獸類のごとくに悲しまむ。
氷島 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
いかなれば獸類の如く
氷島 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
まつた一は、それこそ滑稽觀物でした——諸羽泥塗れに、動物毛皮毛皮膠着かんばかりに全濡になり、がたら/\ちるのでつて
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
自分はまず黒白斑の牛と赤牛との二頭を牽出す。彼ら無心の毛族も何らか感ずるところあると見え、残る牛も出る牛もいっせいに声を限りと叫び出した。
水害雑録 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
わしき物は何もれ。汝らがうべき獣蓄なりち牛、羊、山羊牡鹿羚羊、小鹿、、など。獣蓄中蹄の分れ割れて二つの蹄を成せる反蒭獣は汝らうべし。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
臆病な獸物のやうな眼が、平次の救ひを求めます。
林「エヽイ、くもかねえもらねえ、放さねえかよ、これ放さねえかてえにあれ着物が裂けてしまうじゃアねえか、裂けるよ、放さねえか、放しやがれ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
多治見にいち早く私たちを出迎えてくれて、それから中津川に着くまでの汽車中を分時も宣伝の饒舌を絶たなかった、いささかへんの恵那峡人Yという、鼻の白くて高い痩せ形の熱狂者が
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
庵主は、魚面人身、よく幻術を行のうて、存亡自在、冬、雷を起こし、夏、氷を造り、飛者を走らしめ、走者を飛ばしめるというである。悟浄はこの道人に月仕えた。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)