正義と微笑せいぎとびしょう
わがあしかよわくけわしき山路 のぼりがたくともふもとにありて たのしきしらべにたえずうたわば ききていさみたつひとこそあらめ さんびか第百五十九 四月十六日。金曜日。 すごい風だ。東京の春は、からっ風が強くて不愉快だ。埃が部屋の中にまで襲来 …
作品に特徴的な語句
そよぎ すすむ 復活よみがえり とる けがら がわ けがれ ひれ ほっ はう むくい とも 永遠とこしえ 死体しかばね など 各種もろもろ あまり くら 飛沫とばしり にくみ がく かさ かしこ 一日いちにち こう いま 永遠とわ 喧嘩げんか しに 茶碗ぢゃわん ほっ つかわ ぶし 何時なんじ がら 御意みこころ かえ いたみ れい りき 扮装ふんそう から とびら さわ 嘲笑ちょうしょう かよ 大家たいか しわが よろこび ひん 大船おおふな だれ つか びん もん 妄言ぼうげん 口吻こうふん 反蒭にれはめ がん におい 甲斐がい ころも なやみ そこな 此山このやま ふくろ ごう からだ きま よう 羽翼つばさ 工夫こうふ おれ かわ とも もら 自惚うぬぼれ きよ ながれ 三日みっか わし きれ