“屹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きっ69.6%
きつ19.3%
10.2%
きツ0.3%
こつ0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これらのことは伊沢と秀木とで話し、弥十郎は退屈しながら聞いていたのであるが、やがて、彼は自分の耳を疑うようにとなった。
屏風はたたまれた (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
笑ふと八重齒が少し見えて、滅法可愛らしくなるくせに、眞面目な顏をすると、とした凄味が拔身のやうに人に迫るたちの女でした。
しばらくはわが足にわる絹の音にさえ心置ける人の、何の思案か、と立ち直りて、き手の動くと見れば、深き幕の波を描いて
薤露行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
妄念さずに此処退かつしやい、けられたが不思議嬢様してのおぢやわ、生命冥加な、おいの、修行をさつしやりませ。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その矗々として、鋭く尖れるところ、一穂の寒剣、晃々天を削る如く、千山万岳鉄桶を囲繞せる中に、一肩を高くき、に危石あり、脚に迅湍あり、天柱として揺がず、に唐人の山水画
槍ヶ岳対穂高岳は、常陸山対梅ヶ谷というも、ち無理はなかろう、前者の傲然てる、後者の裕容迫らざるところ、よく似ている。
穂高岳槍ヶ岳縦走記 (新字新仮名) / 鵜殿正雄(著)