“きツ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
邪慳じやけんはら退けて、きツにらむでせると、そのまゝがつくりとかうべれた
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それ是非ぜひにとまをしましてもつて有仰おツしやらないやうにきツねんれてきますよ。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
親仁おやぢ差心得さしこゝろえたものとえる、きツかけに手綱たづないたから、うまはすた/\と健脚けんきやく山路やまぢげた、しやん、しやんしやん、しやんしやん、しやんしやん、――眼界がんかいとほざかる。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
PR