“親仁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おやじ76.0%
おやぢ21.2%
とっさん1.0%
おっさま1.0%
おとっ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おまけに一人の親仁なぞは、媽々衆行水の間、引渡されたものと見えて、小児を一人胡坐の上へ抱いて、雁首俯向けに煙管
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
親仁くと、婦人一寸つてさきをちよろちよろと真黒けたつて、かぬほどに小隠れた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
黒服の親仁は、すっぽりと山高を脱ぐ。兀頭で、太い横皺がある。で、閣翁を突くがごとくにして、銅像に一拝すると
その頃は、こんな山の、荒れたですもの。お住持はなくて、ひとりものの親仁が堂守をしていましたそうです。降りつづいた朝ぼらけでしょう。雀わなじゃアありません。
親仁さん、おう、親仁さん。」
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)