ピストルの使い方ピストルのつかいかた――(前題――楊弓)――(ぜんだい――ようきゅう)
はじめ、私はこの一篇を、山媛、また山姫、いずれかにしようと思った。あえて奇を好む次第ではない。また強いて怪談がるつもりでもない。 けれども、現代——たとい地方とはいっても立派な町から、大川を一つ隔てた …
作品に特徴的な語句
眷属けんぞく 一期いちご 土耳古トルコ 目貫めぬき 掻巻かいまき 緋縮緬ひぢりめん 蛆虫うじむし すし 瑪瑙めのう 藍色あいいろ 冥土めいど 蓮華れんげ 象嵌ぞうがん 蹴出けだ 引緊ひきし 大胡坐おおあぐら 衣摺きぬず 不躾ぶしつけ 反身そりみ 蒲鉾かまぼこ 可懐なつかし 島田髷しまだ 三途さんず まんじ 爪尖つまさき 名告なの 一本ひともと 夥間なかま 忍辱にんにく 円髷まげ みまわ 見世物みせもの かつら 瞑想めいそう 苦患くげん 一眸いちぼう 遥々はるばる 風説うわさ 串戯じょうだん 常世つねよ 仄暗ほのぐら きのこ 顔馴染かおなじみ 熊野ゆや 中空なかぞら 二個ふたつ 艶麗えんれい 沐浴ゆあみ 御容子ごようす 片肱かたひじ 頬髯ほおひげ 白妙しろたえ 緋鹿子ひがのこ 洋杖ステッキ 友染ゆうぜん 衣兜かくし そそ 撫肩なでがた 破屋あばらや 竜胆りんどう 懐紙ふところがみ 瓔珞ようらく 天降あまくだ 孑孑ぼうふら 生半可なまはんか 総髪そうがみ にせ ねり 蟷螂かまぎっちょ かすがい 攀上よじのぼ 枕屏風まくらびょうぶ 燕尾服えんびふく 高嶺たかね 拳銃ピストル 一塊ひとかたまり 一朶いちだ 御手洗みたらし 白脛しらはぎ 茅屋あばらや 近眼ちかめ また 小草おぐさ みだり 股立ももだち 五月いつつき 歴々ありあり こおり 余波なごり 四斗樽しとだる 尋常事ただごと 山懐やまふところ 放火つけび 繻珍しゅちん 臨終いまわ 晃々きらきら 清潔きれい 手提てさげ