ピストルの使い方ピストルのつかいかた――(前題――楊弓)――(ぜんだい――ようきゅう)
はじめ、私はこの一篇を、山媛、また山姫、いずれかにしようと思った。あえて奇を好む次第ではない。また強いて怪談がるつもりでもない。 けれども、現代——たとい地方とはいっても立派な町から、大川を一つ隔てた、近山ながら——時は晩秋、いやもう冬であ …
作品に特徴的な語句
めし いで くるわ こうば キス くい くわし こわ こいねがわ 一時ひときり 印象いんぞう むなし 帷幕まく あらたま まわし 当時いまどき かれ おでこ 退しさ ひと 老母ばあ なに われ 指示ゆびさし よし くわし そま さみ 中絶なかだえ かえ 出端でっぱな 裁縫たちぬい 羽搏はたた ふさ へた かお がしら とぼそ まがい がたり 相合あいがっ がれ また たすか 象徴かたど しきり ゆるや おっ がい ちゅう から 習慣しきたり たまわ かつ おびや つら 女房おかみ うも おさま しか わざ すき 蝙蝠バット 親仁おっさま ちゃん ちぎ 口惜くちおし あかる 明朝みょうあさ おなか むき しわぶ ささ たなそこ きれ こお とん 娘子むすめッこ おき 相応そぐ 以来こっち すき ことば しん まば 侠気きおい おおき 強気ごうき 引掴ひきつか なぞら かさな 居退いの ひっ