“肢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
47.3%
あし45.5%
3.6%
えだ1.8%
また1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
乳牛はすこしがたがた四を動かしたが、飼い葉をえて一いはじめる。花前は、いささか戒心態度をとってしぼりはじめた。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
お婆さんはまずブラシで、メリーの頭から、頸、肩、背、腰、という順に丹念にマッサージをして、それから金櫛で丁寧にいた。
犬の生活 (新字新仮名) / 小山清(著)
「そうそう、お前も同じ辰年じゃったなあ。実は、金さん、お前の彫青の真似してな、この龍、……見てくれ。に、花をつかんどる」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
◯十三節に「その蝕壊らる、すなわち死の初子これが肢を蝕壊るなり」とあるを見れば、この悪人必滅の主張がかにヨブを指したものであること確実である。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
に言伝える。天狗狗賓む、巨樹、大木は、その幹の、枝の交叉一所を伸べ、床を磨いたごとく、清く滑かである。