犬の生活いぬのせいかつ
私はその犬を飼うことにした。「神様が私にあなたのもとへゆけと告げたのです。あなたに見放されたら、私は途方に暮れてしまいます。」とその眼が訴えているように思われたので。またその眼はこうも云っているように思われた。「あなたはいつぞや石をぶつける …
作品に特徴的な語句
いず せばま ぶち 石鏃いしやじり ひも いたわ 午睡ごすい 執成とりなし 季節とき 扮装ふんそう なぐ かつ よみが あし よし かこ ごろ 馴染なじ にお 一喝いっかつ 上框あがりがまち 不憫ふびん 仇矢あだや 代物しろもの おもかげ せがれ ひが 初産ういざん 刺戟しげき いや 厄介やっかい 可憐かれん 同棲どうせい つぶや とが うな のど しゃべ 喧嘩けんか あざけ 図体ずうたい 堂宇どうう ねぐら 塩梅あんばい 墨汁ぼくじゅう 声音こわね 天蓋てんがい 妄想もうそう 容易たやす 尻餅しりもち 幽閉ゆうへい かば 彷彿ほうふつ 徒然つれづれ つつが あたか 愚痴ぐち いきどお たわむ 手応てごた てのひら 摩擦まさつ ひでり 暖簾のれん 林檎りんご こずえ 檜葉ひば ほとん 母屋おもや 池畔ちはん 沢庵たくあん 溜池ためいけ なだ 焜炉こんろ 無聊ぶりょう 熨斗のし 爽快そうかい めす 生垣いけがき 産床うぶどこ うと にら