“彷彿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほうふつ77.6%
はうふつ9.2%
そっくり5.3%
ちらつ3.9%
そつくり1.3%
タタ1.3%
さも1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
荒行にたえたその童貞の身体はしく、彼の唄う梵唄はその深山の修法の日毎夜毎の切なさを彷彿せしめる哀切と荘厳にみちていた。
道鏡 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
垣根近邊たちはなれて、見返りもせず二三すゝめば遣水がれおとし、こゝにまつてへば昨日れ、彷彿として何故ゑにおもひつる
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それは隅田川を往復する川蒸汽の音に彷彿で、どうかするとあの川岸に近い都会の空で聞くような気を起させる。よく聞けばやはり山の上の汽車だ。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
で、私の臆病には自分ながら愛想きる位で、倫敦へ帰ったも、例の貴婦人の怖い顔が明けても暮れても我眼彷彿いて、滅多に忘れるがない。
画工と幽霊 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
蓮華寺へ行つたお志保——彼娘がまた母親にく似て居て、眼付なぞはもう彷彿さ。彼娘の顔を見ると、直にの家内が我輩の眼に映る。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
……群鳥の わが群れなば 引け鳥の 我が牽けなば、哭かじとは 汝は云ふとも、山門一本薄 し 汝が哭かさまく、朝雨の さ霧に彷彿むぞ。……(八千矛神——記)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
み二下り讀では莞爾々々彷彿なる面持の樣子をと見留て長庵は心に點頭つゝて返書を請取千太郎よりも小遣ひとて金百
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)