“そっくり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
酷似37.5%
彷彿12.5%
悉皆12.5%
肖如8.3%
肖然8.3%
不残4.2%
克似4.2%
全然4.2%
全部4.2%
同一4.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女酷似そっくりの踊り子を彼女そのものに仕立て上げ、換え玉として城内へ残し、彼女だけ抜け出そうというのであった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
酷似そっくりといえば、塚の左手、遙か離れた所に、植え込みが立っていて、それが雑木林に見えるのも、あの場所の景色とそっくりであった。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それは隅田川すみだがわを往復する川蒸汽の音に彷彿そっくりで、どうかするとあの川岸に近い都会の空で聞くような気を起させる。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
その縁側のところへ来て、お仙が父の達雄に彷彿そっくりな、額の広い、眉のひいでた、面長な顔を出した。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
新吉もお累が死んで仕舞ったあとは、三藏から内所で金を送る事もなし、別に見当みあてがないから宿替やどがえをしようと、欲しがる人に悉皆そっくり家を譲って、時々お賤の処へしけ込みます。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
丈「ナニ山口屋の音羽に頼まれて来たんだが、おめえは懐に金え持ってるそうだが、何うか悉皆そっくり貸してもれえてえ、誠に無理な無心だが、急になければならねえ金だと云って花魁も気を揉んでるから、オイ按摩さん金を出しねえ」
「坊主、咽喉のどが乾いたろうで、水のかわりに、すきなものを遣るぞ。おお、女房おっか肖如そっくりだい。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そこへ、一枚着換えた風俗ふうで、きちんとして、茶を持ってきたのが、むかし、曳船で見たお冬さんに肖如そっくり……といううちにも、家業柄に似ず顔を紅うした。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
心の迷いか、済まん事だが、脊恰好せいかっこう立居たちいの容子が姉に肖然そっくり
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ああ、阿母おっかのような返事をする。肖然そっくりだ、今の声が。」
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
嫁にやられるとき、拵えて行ったものなどを不残そっくりくして、旅費と当分の小遣にも足りぬくらいの金を、すこしばかりの家財を売払って持って来た姉は、まだ乳離れのせぬちいさい方の男の子をひざにのせて、時々縁側の日南ひなたに坐りながら、ぼんやりお島の働きぶりを眺めていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「恐れ多い事ながら、御上に克似そっくりの箇所も御座りまする」
備前天一坊 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
その間に牧羊人大願成就かたじけないと、全然そっくりその金をぬすみ得た(ハーンの『アルバニッシュ・スチュジエン』巻一)。
あれ、見しゃんせ。この近江屋さんはあたきの店でござんす。なに、証文? そんな物は知りんせんが、家屋敷なら三つ並ぶ土蔵の構え、暖簾のれんから地所まで全部そっくり抜いてられました。
熟々つくづく視ればどこにかおもかげが似通って、水晶と陶器せととにしろ、目の大きい処などは、かれこれ同一そっくりであるけれども、英吉に似た、と云って嬉しがるような婦人おんなはないから、いささかも似ない事にした。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)