“そっくり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
酷似34.4%
悉皆18.8%
彷彿12.5%
肖然6.3%
肖如6.3%
不残3.1%
克似3.1%
全然3.1%
全部3.1%
其儘3.1%
反身3.1%
同一3.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さん、宮岡警部に写真酷似に変装してやがった。二人宮岡警部が出来ちゃって、どっちが真物だか分らなかった。そのために遂々捕え損ったんだそうだよ
黒猫十三 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
僕の家でも今日料理研究のために十余品の御馳走をえているからこれを悉皆持って行ってその献立中に加えよう。第一が菓子だ。君一つこの珍菓を賞翫してくれ給え、今出来たてだ。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
姉は久しぶりで一緒になった弟を前に置いて、夫に向って、「まあ、捨吉の坐っているところを見てやって下さい、あれの手なぞはお父さんに彷彿です」
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「ああ、阿母のような返事をする。肖然だ、今の声が。」
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「坊主、咽喉が乾いたろうで、水のかわりに、なものを遣るぞ。おお、女房肖如だい。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
拵えて行ったものなどを不残くして、旅費と当分の小遣にも足りぬくらいの金を、ばかりの家財を売払って持って来た姉は、まだ乳離れのせぬい方の男の子をにのせて
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「恐れ多い事ながら、御上に克似の箇所も御座りまする」
備前天一坊 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
その間に牧羊人大願成就ないと、全然その金をみ得た(ハーンの『アルバニッシュ・スチュジエン』巻一)。
この近江屋さんはの店でござんす。なに、証文? そんな物は知りんせんが、家屋敷なら三つ並ぶ土蔵の構え、暖簾から地所まで全部抜いてられました。
団さんの兄さんは団さん其儘
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
の人のに坐ると厭な心持になりますよ、そうして反身かえって煙管を手の先で振廻し、落してお皿を欠いたり、鼻屎をほじくっては丸薬にしたりしてだか厭だよ
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
熟々視ればどこにかが似通って、水晶と陶器とにしろ、目の大きい処などは、かれこれ同一であるけれども、英吉に似た、と云って嬉しがるような婦人はないから、いささかも似ない事にした。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)