備前天一坊びぜんてんいちぼう
徳川八代の将軍吉宗の時代(享保十四年)その落胤と名乗って源氏坊天一が出た。世上過ってこれを大岡捌きの中に編入しているのは、素より取るに足らぬけれど、それよりもズッと前、七十余年も遡って万治三年の頃に備前の太守池田新太郎少将光政の落胤と名乗っ …
作品に特徴的な語句
うち 密告ささや こう 了解わかり きみ きり 尤物いつぶつ さま うえ あし おり 正物しょうもの 点頭うなずか しま 下婢はしため あなが 翌日あす 一口ひとふり 今朝こんちょう 呑込のみこみ よば 如何いかん 嫉妬やきもち そこな そっ 御胤おんたね つか 欄干てすり こぼ ひそ たん 苦笑にがわらい 蝦蟇ひきがえる 阿母おふくろ 馴染なじ かた 万治まんじ 主人あるじ 乞食こじき しま 事故ことゆえ 二月ふたつき 云々うんぬん 享保きょうほう 京橋きょうばし つかまつ 仰有おっしゃ 侍女こしもと 俊良しゅんりょう もう 克似そっくり 公達きんだち もた 出羽でわ 勿論もちろん 却々なかなか 吉宗よしむね いな とが うな 四条しじょう ゆうべ 夕凪ゆうなぎ つと おびただ 大坊だいぼう 大橋おおはし 奢侈しゃし 奥野おくの 奸智かんち くわ 姫路ひめじ 学黌がくこう よろ うち 家康いえやす 家郎けらい ひそ 小透こすか 岡山おかやま 左内さない 平時いつも ゆる 後葬あととむらい 御上おかみ 御側おそば 御傍おそば 御暇おいとま 御祠みほこら 御鬱おふさ 徳川とくがわ 性質たち 恰度ちょうど もだ