国貞えがくくにさだえがく
柳を植えた……その柳の一処繁った中に、清水の湧く井戸がある。……大通り四ツ角の郵便局で、東京から組んで寄越した若干金の為替を請取って、三ツ巻に包んで、ト先ず懐中に及ぶ。 春は過ぎても、初夏の日の長い、五月中旬、午頃の郵便局は閑なもの。受附に …
作品に特徴的な語句
つめて 何処そこ つん 祖母おおば はい こいねがわ 天窓あまど ほざ あらたま わっし しま きまり ふさわ たっ きつ 習慣ならい 父様おとっさん いえ 退すさ がか 可怪あや よし かわ へい 暗夜やみのよ なお いれ ひど すき 祖母としより 地方いなか とこ 嫁入きて 母親おっかさん 見透みえす ばっ そっ いぬい あが ちっ よそ なり とおり ぼっ 侏儒いっすんぼし 御許ごゆる しな ぎょう つま にぎやか くう やわらか たし ことば ほど つくば 此家こちら 破目われめ 段々だんだら しん 退さが 小指レコ 小止こやみ 合点のみこ 可怪あやし 取附とりつ 幾度いくだび くぎ つめた ざっ さかさ うえ とん 聞分ききわ あが じっ 黒板ボオルド ためし はげし あせ ごし あが つか ばばあ つぎ ゆら 胡蝶ちょうちょう ながし もと 仕込じこみ かろ