“見透”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みとお34.7%
みすか26.7%
みす16.7%
みとほ13.3%
みえす4.0%
みとおし2.0%
すとほ0.7%
みとう0.7%
みとほし0.7%
ヴィスタ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
横に公園へ上る坂は、見透しになっていたから、涼傘のままスッと鳥居から抜けると、紫玉の姿は色のまま鳥居の柱に映って通る。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
四人は店口に肩をならべ合って、暗い外を見透していた。向うの塩煎餅屋の軒明りが、暗い広い街の片側に淋しい光を投げていた。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
するさへ邪魔なのに、その家の内部まで見透かしたやうなことを言ひふらすのはけしからん……。警察で取りしまつて貰はなければならん。
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
「その騷ぎの中で、達者な女が一人殺されて、念入に往來から見透しの欄干に、暮の鹽鮭のやうに逆樣に吊されて居たといふぢやないか」
が、初めの五分も見れば、それがどういうプロセスで、どうなってゆくか、ということがすぐ見透く写真ばかりでは救われないと思った。
雪の夜 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
また、誰が見ないまでも、本堂からは、門をうろ抜けの見透一筋、お宮様でないのがまだしも、鏡があると、歴然ともう映ろう。
妖術 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ガタビシする入口の戸を開けると、其処から見透しの台所の炉辺に、薄暗く火屋の曇つた、紙笠の破れた三分心の吊洋燈で、物思はし気に悄然と坐つて裁縫をしてゐたお利代は
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
案内をふ迄もなく、破れた障子から中は見透し、大病人らしい父親を看護して居た若い娘が、客の姿を見ると、いそ/\と起つて格子を開けてくれました。
見透小庭もなく、すぐ隣屋物置で、此處にも犇々材木建重ねてあるから、薄暗に、鮮麗淺黄手絡片頬いのとが、拭込むだつて、トると露草いたやうで
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
入口の小公園めいた噴水のところから、明るく並んだテラスと窓々の見透し図を撮った写真のエハガキだった。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)