雪の夜ゆきのよる
仕事をしながら、龍介は、今日はどうするかと、思った。もう少しで八時だった。仕事が長びいて半端な時間になると、龍介はいつでもこの事で迷った。 地下室に下りていって、外套箱を開けオーバーを出して着ながら、 …
題名が同じ作品
雪の夜 (新字新仮名)織田作之助 (著)