雪の夜ゆきのよる
仕事をしながら、龍介は、今日はどうするかと、思った。もう少しで八時だった。仕事が長びいて半端な時間になると、龍介はいつでもこの事で迷った。 地下室に下りていって、外套箱を開けオーバーを出して着ながら、すぐに八時二十分の汽車で郊外の家へ帰ろう …
作品に特徴的な語句
わけ かが 見透みえす うつ いろどり 冒頭ぼうとう うしろ 外方そと ばち 虚偽きょぎ こわ たず よご 浅薄あさはか 笑顔えがお 硝子ガラス まち 蟇口がまぐち しらみ ひと ごく 章魚たこ はし ひも 綺麗きれい 股引ももひき 薄汚うすぎたな 蒲団ふとん すね 自家うち 辛辣しんらつ 飴色あめいろ ふる あご 静脈じょうみゃく 露骨ろこつ 阻止そし 銚子ちょうし たもと 躊躇ちゅうちょ 足駄あしだ にぎ くわ 襦袢じゅばん えり ふすま そで くちびる 憂鬱ゆううつ みじ 恰好かっこう 怒鳴どな 後首うしろくび 年増としま 尻尾しっぽ うち ひと うわさ 嘲笑あざわら 手拭てぬぐい しるし 半纒はんてん 半端はんぱ かん 割箸わりばし 侮辱ぶじょく 余韻よいん 人集ひとだか 二進にっち 両肱りょうひじ 淫売いんばい 真直まっすぐ さかずき 白粉おしろい 獅子しし 三進さっち 爪皮つまかわ あお すす 滑稽こっけい 淫猥いんわい 眼路めじ 泥濘ぬかるみ おり さく 札売ふだうり ほが 暖簾のれん てのひら はさ 挨拶あいさつ
題名が同じ作品
雪の夜 (新字新仮名)織田作之助 (著)