“阻止”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“阻止”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だが、その中止の理由は表面のことで、裏面には次のような条件が有力に働いて、阻止そしせしめたのだともいう。
大菩薩峠:38 農奴の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「きみはさかんにわれら学究がくきゅうの行動を阻止そししようとしている。われわれは、きみにさしずされるおぼえはないのだ。そこをのきたまえ」
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)