“阻塞気球”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そさいききゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“阻塞気球”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
阻塞気球そさいききゅうの中へ、引っぱり込まれたらしいです。半数は、気球から垂れている綱に、機体をからめつけられ、進退の自由を失っているらしいです」
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
彼らは、ロンドンの空一杯に打ちあげられた阻塞気球そさいききゅうを、ひどく信頼しているのか、それとも、自分だけには、ドイツ軍の爆弾が命中しないと信じているか、どっちかであるように見えた。
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)