英本土上陸戦の前夜えいほんどじょうりくせんのぜんや
英蘭西岸の名港リバプールの北郊に、ブルートという町がある。 このブルートには、監獄があった。 或朝、この監獄の表門が、ぎしぎしと左右に開かれ、中から頭に包帯した一人の東洋人らしい男が送り出された。 彼に随いて、この門まで足を運んだ背の高い看 …
作品に特徴的な語句
ノウ 仕事ビジネス はば フォー かわ しま あせ おそろ 憂慮ゆうりょ 伊国イタリー どま すい 夜半やはん いかめ なさ ろく ロープ うしろ 音響おんきょう あるい 戸外こがい 露出ろしゅつ 華美かび 幾歳いくさい さいわ かか ひろ わき はず とら 石塊せきかい ほっ 放置ほうち ただ かえ 取交とりか 明朝みょうちょう さか 縦横じゅうおう ちぢ はじ 縄張なわばり あや ちょう 復帰ふっき おぼ 懐中かいちゅう 従来じゅうらい ふなべり かか 張合はりあ 弁解べんかい ゆか ぴろ 突如とつじょ 差支さしつか 客人きゃくじん まか おぼ かか 塩漬しおづ ざか 在高ざいだか かた 囚人しゅうじん かえり 車上しゃじょう 車窓しゃそう えき うな 味気あじけ 日暮ひぐれ 伝達でんたつ 事情じじょう 北郊ほっこう 道理どうり 霊魂れいこん らん あわ 人気にんき 消息しょうそく 鑑識かんしき 頭部あたま 歓喜かんき 前途ぜんと