“石塊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いしころ69.1%
いしくれ16.0%
せきかい7.4%
せっかい4.9%
いしっころ2.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新宿の歩道の上で、こぶしほどの石塊がのろのろって歩いているのを見たのだ。石が這って歩いているな。ただそう思うていた。
(新字新仮名) / 太宰治(著)
河近くは「南瓜」や「唐黍」の畑になっていたが、畑のウネとウネの間に、大きな石塊が赤土や砂と一緒にムキ出しに転がっていた。
不在地主 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
と、アンは叫んだが、そのまま速力をゆるめないで驀進した。その辻のところでは、半壊の建物から、また、ばらばらと石塊がふってきた。
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
かくて水車はますますぶじに回転しいくうち、意外滑稽劇が一を笑わせ、石塊のごとき花前も漸次にこの家になずんでくる。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
シチュウは早く云うとシキのの大工見たようなものかね。それから山市だが、こいつは、ただ石塊をこつこつ欠いてるだけで、おもに子供——さっきも一人来たでしょう。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)