はし
朝霧がうすらいでくる。庭の槐からかすかに日光がもれる。主人は巻きたばこをくゆらしながら、障子をあけ放して庭をながめている。槐の下の大きな水鉢には、すいれんが水面にすきまもないくらい、丸い葉を浮けて花が一輪咲いてる。うす紅というよりは、そのう …
作品に特徴的な語句
わろ とう きゅう 女性じょせい ぺん 見舞みも 種々しゅじゅ ねっ 帰京ききょう ごん なお だっ めん この しょ 交際こうさい しつ ばら かん 生業せいぎょう ぷん 失敗しっぱい ばく しゅ だん 乳汁にゅうじゅう 石塊せっかい 周囲しゅうい よう 補助ほじょ ゆう 若衆わかしゅう しょ おっと 大島おおじま だい しん こと ゆた 標準ひょうじゅん 営業えいぎょう 宗教しゅうきょう 気味ぎみ 気質きしつ しん 身上しんじょう 水車すいしゃ ほう 茶菓ちゃか 前掛まえか 流行りゅうこう 状態じょうたい 兼吉けんきち そん 朝涼ちょうりょう きず もく かぞ てん 心持こころも 価値かち しょう めん くれない 習慣しゅうかん はん 会話かいわ じょう 暗黒あんこく 所有しょゆう 断片だんぺん 経歴けいれき きゃく むす 一朝ひとあさ 死亡しぼう けい まね 結局けっきょく かん 親類しんるい まな 縁端えんばた