“究”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きわ78.7%
きは8.7%
つま3.1%
きめ1.6%
きはめ0.8%
きはま0.8%
きはむ0.8%
きま0.8%
きまり0.8%
きゅう0.8%
きわま0.8%
きわまり0.8%
きわむ0.8%
キワ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
従ってまた死して行く処には迷わずにいられたのである。それが正しかったか否かは、私たち歴史をむる者の問うところではない。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
深うして更に深く、遂に其底をむべからず。ホオマア、シエクスピイヤ、ギヨオテ、スコツト、エリオツト等は、家數の大小こそ相殊なれ、此派の詩人なり。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
あるものは過度の名誉心が原因だらうと言ひ、あるものは生活つた揚句だらうと言ひ、あるものは又、精神に異状を来して居たのだらうといふ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「右の内(第五条を指す)には、品物取替の儀、政府に限り候事、取極は之なし、魯西亜人にてて外に品を付け申すべく候」。
空罎 (新字新仮名) / 服部之総(著)
茶々風茶たらば女は吾儕の物とてはゐるが手段にり其所で兄貴に相談に來たが趣向無物かと問はれて元益笑ひ出し世に自惚瘡氣のない者はないとぞ言にはずお光は未だ手に入ねば此婚禮破談に成てもお主の方へ來るか來ねへか其所の所はらぬが是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
イザと箱枕のみならぬ身の親父が横に成たる背後へ廻り腰より足を行手も今宵此仇さんお光の精神是ぞ親子が一世の別れとる心は如何ならん想像だにしけれ
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
従来藤原村三十六万町歩即凡そ十三里四方ありとする者してなりや動植物び鉱物の新奇なるものありや否等をるにり、又藤原村民の言に曰く
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
ふにあらねど未だ未邊女氣のうらしく發揮問答を爲さざるなる可し就ては氣永口説時は竟に意に從ふならんと思ふにもず其娘は今度本町の小西屋へ縁談り箇樣々々と糊賣お金が話したるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なして内へ這入ば小僧さんならばモウ無よイエ/\糊では有りませんがチト物がはりたくてと云はしたれど暫時文字々々ながら四邊を見返り聲をめ變な事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
技師もここで花前の花前たることを聞き、おおいにきまりわるくなって、むつかしい顔のしまつにしたままった。夜、主人が帰ってから一くずるるばかり大笑いをやった。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
餌のことに疑問を持てばりがない。その究りないところに深い興味がある。
水垢を凝視す (新字旧仮名) / 佐藤垢石(著)
外国と緩優交易に付、此後とても拒絶あらば、幸福の日本国、て航海する世界数ヶ所の強国、も一統と、戦闘に及ぶべく、和蘭政府確と見究め候。
空罎 (新字新仮名) / 服部之総(著)
この道を伝授せらるる事数年に及び申候えども、悲しい、わが性鈍にしてその真趣をわず、しかのみならず、わが一挙手一投足はなはだ粗野にして見苦しく、われも実父も共に
不審庵 (新字新仮名) / 太宰治(著)