“悼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いた90.7%
くや5.8%
いたま1.2%
いたは1.2%
1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
汝ラヴィーナを失はじとて身を殺し、今我を失ひたまへり、母上よ、かの人の死よりさきに汝の死をむものぞ我なる。 三七—三九
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
実は母が八十の高齢で遂に昨日死んだとの、釜貞は仏前へ差出す一物もなく、まして非常の際に無心に来たとも言はれもせず、茫然自失のであつた。
名工出世譚 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
られしにぞ私し始め皆々ソレとつて馳付候ひしにおしや深何ヶ所も給ひ御養生ふべくも候はず其時喜内樣には私しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
立出江戸へ參り候由に付追來何卒母や弟に對面江戸中を歩行仕合が無實のる事のしく殊更は旅籠屋にて病氣の由はりしにより何卒を助け母に孝行
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
例の老夫は頭をり悼りけり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)