“殊更”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ことさら93.0%
ことさ6.2%
とりわけ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『朝日新聞』にて『だき』をお書きなすってから、作風も筆つきも殊更に調ってきて、『空だき』の続稿の出るのがまたれました。
大塚楠緒子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
と、これも、みんなにぎを勧めでもするやうな、殊更らにおどけた調子で、少し離れたところから、ほかの者が、それにつけ加へた。
野の哄笑 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
夫婦喧嘩は、始終の事で珍しくも無いが、殊更此頃亭主が清元の稽古に往く師匠の延津○とかいう可笑いとかで盛に嫉妬を焼いては、揚句がヒステリーの発作で、痙攣ける。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)