“弟”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おとうと50.0%
おとと17.8%
おとゝ9.2%
てい8.0%
おと4.6%
いろと1.7%
オト1.7%
あれ1.1%
1.1%
0.6%
いろせ0.6%
おとみこ0.6%
おんじ0.6%
をとうと0.6%
オトヒト0.6%
ジュニョル0.6%
ジュニヨル0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょうどごろでありました。が、から、だれかだちに、「ぼたる」だといって、一きなほたるをもらってきました。
海ぼたる (新字新仮名) / 小川未明(著)
この時姉は始めてを顧みて、さも名残惜そうにして見つめたのである。弟も月の光りに始めて青白い姉の顔をつくづくと眺めた。
稚子ヶ淵 (新字新仮名) / 小川未明(著)
まき「誠にお気の毒さまで、毎度おみ足を運ばせて済みませんが、御存じの通り母が眼病でございまして、も車をいて稼ぎますが」
さよう、小名木川の五本松は芭蕉翁が川上とこの川しもや月の友、と吟じられたほどの絶景ゆえたりがたくたりがたき名木でしょう。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
たなばたつめは、天上の聖職を奉仕するものとも考えられた。「あめなるや、たなばたの……」と言うようになったわけである。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
は老い、は嘆けり。は白し、早や輝けり。は消えむ、ああ早や、が妻、が子、の、残れる者、ことごとくせん。
(新字旧仮名) / 北原白秋(著)
これは、海岸の斎用水に棚かけわたして、神服織るたなばたつめ・たなばたつめの生活を、ややこまやかに物語っている。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
わしもな、どうせ弟にはたとえちっとのものでも分けんならんのじゃけんど、何せは、何ちゃくれいでもえいせに学校へ行きたいいうて、あやって兄弟中で一人だけ大学までやった。
大根の葉 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
(母)神に対して、乳母神をば(小母)と言つた処から、母方の叔母即、父から見たと言ふ語が出来た。此が亦、神を育む姥(をば・うば)神の信仰の元にもなる。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
たとえばある特定の地方である「水の」の年に偶然水害があった場合に、それから十一年後の「水の」の年に同じような水害の起こる確率が相当多いという事もあるかもしれない。
自由画稿 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
ここに答へて詔りたまはく、「吾は天照らす大御神のなり。かれ今天より降りましつ」とのりたまひき。ここに足名椎手名椎の神、「然まさばし、奉らむ」とまをしき。
かれ天皇りまして後に、その庶兄當藝志美美の命、その嫡后伊須氣余理比賣にへる時に、その三柱のたちをせむとして、謀るほどに、その御祖伊須氣余理比賣、患苦へまして
お芳の云つてたけど、毎日札幌さ手紙ば出してるどよ。んから、あの郵便持ちがくる頃に、いつでも入口さ立つて待つてるんだけど、一度だつて、返事來たごと無えてたぞ。
防雪林 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
小娘は、らくはこれから奉公先かうとしてゐる小娘は、そのしてゐた幾顆蜜柑からげて、わざわざ踏切りまで見送りにたちのいたのである。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
ヒ→ウ(「」がオトウト、「」がヲウト、「喚ばひて」がヨバウテ、「酔ひて」がヱウテなど)ク→ウ(「格子」がカウシ、「口惜しく」がクチヲシウなど)
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
「ところが、奥さん。その真白草花と云うのが、案外にも青木だったりするのじゃありませんか。」
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「ところが、奥さん。その真白草花と云ふのが、案外にも青木だつたりするのぢやありませんか。」
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)