“手名椎”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てなずち66.7%
てなづち33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手名椎”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史3.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして、そのくしをすぐにご自分のびんの巻髪まきがみにおさしになって、足名椎あしなずち手名椎てなずちに向かっておっしゃいました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
足名椎あしなずち手名椎てなずち、来て見よ。このとおりだ」とおびになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
ここに足名椎あしなづち手名椎てなづちの神、「然まさばかしこし、奉らむ」とまをしき。
かれその老夫、答へてまをさく「は國つ神大山津見おほやまつみの神の子なり。僕が名は足名椎あしなづちといひが名は手名椎てなづちといひ、むすめが名は櫛名田比賣くしなだひめといふ」とまをしき。
PR