“名手”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
めいしゅ57.1%
めいしゆ28.6%
つかいて14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“名手”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして、かなでるひとが、名手めいしゅになればなるほど、えがたいおもいがされるのでした。
楽器の生命 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「なんという名手めいしゅでしょう……ひろい国じゅうにも、これにまさるものはありますまい。」
壇ノ浦の鬼火 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
百官ひやくくわん司職ししよくみなこれにしたがなかに、王積薪わうせきしんふもの當時たうじ名手めいしゆなり。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
維盛卿は父に向ひ、『先刻祖父そふ禪門ぜんもん御勸おんすゝめありし宋朝渡來の醫師、聞くが如くんば世にも稀なる名手めいしゆなるに、父上のこばみ給ひしこそ心得ね』。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
消えうせた十三人の腰元のうち七人は、ひと口に『那智衆なちしゅう』といわれる新那智流の小太刀の名手つかいて