“名人”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
めいじん97.1%
アビルテ2.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“名人”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)15.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)3.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「いくら、名人めいじんましても、ほんとうにわかるひとがなければ、られずにしまうのでございましょうね。」
さかずきの輪廻 (新字新仮名) / 小川未明(著)
名人めいじん由斎ゆうさいに、こころうちちあけて、三年前ねんまえ中村座なかむらざ
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
あたしはこれでもそのほうの名人アビルテなんだ。
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)