“得意”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とくい90.3%
はこ4.2%
おはこ2.8%
とくゐ2.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
行の時にはもう人のやうな伴侶で、撮影現像技量自然と巧くなつて、學校での展覽會では得意な出であり
ねえ、マドロスさん、お炬燵が出来たらば、手風琴を弾いて唄を聴かせて頂戴、何でもいいわ、あなたのお得意のものをね。淋しいから陽気なものがいいでしょう、思い切って陽気な、賑やかな唄を
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
辞職と決したので十七日に氏の御名残狂言がコメデイ・フランセエズ座で催され、氏の得意の物を一幕出し、ムネ・シユリイ其他の名優が一座するである。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
或る者は漁業に巧にして或る者は鳥獸捕獲に巧に、或る者はを得、或る者は籠細工得意とすと云ふが如き事はコロボックル社會りしなるべし。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)