“とくい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
得意44.8%
顧客24.1%
花客8.3%
華客8.3%
花主6.2%
特異2.8%
常客1.4%
華主1.4%
顧主1.4%
主顧0.7%
得客0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんどは用吉君が、得意相手をしめにかかったが、反対自分をしめつけられ、ゆでだこのようになってしまった。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
しかもそれは別にこれという目的なしにいただいたのだから彼は平生でも、優に売卜者顧客になる資格を充分具えていたに違ない。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
品川では軍艦の方が大のお花客でげすから、花里もその頃はまだ出たてゞはございますし、人々から注意をうけてかならぬ※待をいたしたので、海上も始終通ってられましたが
「知合ひといふ程ぢやありませんが、向柳原の叔母が、内職のお仕事のお華客の一人で不斷から顏くらゐは知つてゐますよ」
……立派な手腕を持つておありだし、伯父さんの代からの花主はたんとお有りだらうし、こころを入れ換へてさ。
もつれ糸 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
つまるところ、本書小櫻姫通信者、T受信者、そして筆録者総計がかりで出来った、一特異作品所謂霊界通信なのであります。
四谷のお常客樣から、冬支度の仕立物を頼まれて、泊りがけで縫つて居るうち、現に目の前で、大膳坊が土竈の下から、小粒と小判交ぜて二兩三分と掘り出したのを見て來て、私の家の土竈の下にも
寺院は随一の華主なる豆府屋の担夫一人、夕巡回にまた例の商売をなさんとて、四ツ谷油揚坂なる宗福寺にりけるが、数十輛の馬車、腕車梶棒を連ね輪をべて、肥馬き、道を擁し、馭者
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
沢山病家顧主っている。で、自分心窃院長より実際において、経験んでいるものとめていた。となれば院長には顧主病家などはしもいのであるから。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
ところが二三日、よく主顧にしていた、大仏前智積院という寺へ、用が出来たので、例の如く、私は書籍を背負って行った。
子供の霊 (新字新仮名) / 岡崎雪声(著)
その日、両国向うの得客先へ配達する品があって、それは一番後廻、途中方々へ届けながら箱車を曳いて、草鞋穿で、小僧で廻った。日が暮れたんです。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)