“担夫”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たんぷ66.7%
かつぎ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“担夫”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そのあいだを、泥か人間か分らないような兵や担夫たんぷが、列伍れつごなく、駈けたり物を担いだり、切れた草鞋わらじを持ったりして歩いてゆく。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、はや担夫たんぷに命じて、虎の台と、彼の駕籠かごとをかつぎ上げさせた。駕籠(手輿てごし)には、晴れの紅絹もみやら花紐はなひもが掛けてある。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蕎麦屋の担夫かつぎ午砲どんが鳴ると、蒸籠せいろたねものを山のように肩へ載せて、急いで校門をはいってくる。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)