“担保”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たんぽ66.7%
かた33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“担保”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
即ち申込者から、普通一円、市外二円の割で、信用担保たんぽ等の調査料を取立てるのであつて、その調査の結果は、御融通できないと云ふことになるのである。
日本三文オペラ (新字旧仮名) / 武田麟太郎(著)
先ずはじめに銘々の持ちものを何か一つずつ担保たんぽ gage として提供させる。
追憶の冬夜 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
家作を担保かたに五百両の現金を生み出し、夕方立寄ったお艶にその金を握らせて無理に「一札入申候証文之事」を書かせ、ここで二百両撥ねようと約束通り世間を忍んで子の刻に
PR