“担込”のいろいろな読み方と例文
旧字:擔込
読み方(ふりがな)割合
かつぎこ66.7%
かつぎこま33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“担込”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一通り済むと直ぐに死体は博士邸へ担込かつぎこまれて了う。
一枚の切符 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
――夜更けて、あすこの側にある警察へ、女の行路病者が担込かつぎこまれて来た、医者に見せると重い肋膜で、すでに手おくれになつてゐ、遂に死亡して了つたが、その次の日、彼女をたすけて連れて来た男が来て、一度面会させてくれと云ふので
釜ヶ崎 (新字旧仮名) / 武田麟太郎(著)
エリスの家の前に倒れて、家の中に担込かつぎこまれるようにたくらんだのは、彼女の狂言であった。
P丘の殺人事件 (新字新仮名) / 松本泰(著)
PR