一枚の切符いちまいのきっぷ
「イヤ、僕も多少は知っているさ。あれは先ず、近来の珍事だったからな。世間はあの噂で持切っている。が、多分君程詳敷くはないんだ。少し話さないか」 一人の青年紳士が、こういって、赤い血の滴る肉の切れを口へ持って行った。 「じゃ、一つ話すかな。オ …
作品に特徴的な語句
ぱし ばい ぐらい かたむき 居合いあわ もと みた 内庭なかにわ のろい あるい きわ おのず 一言いちごん かつ 仮令たとえ のば 何故なにゆえ きずつ すべ なか いん きっ 如何いかん 富田とみた つい 左様そう めぐ ろう にく 惹起ひきおこ わざ まず よう ちょう うたがい 穿うが ほうむ ばか 誂向あつらえむき あやまり 透徹とうてつ 静寂せいじゃく こつ 一寸ちょっと 一顧いっこ 一驚いっきょう なが しま こと 五郎ごろう わた 何人なんぴと にわか 備付そなえつ 其筋そのすじ 冤罪えんざい 刺戟しげき けず つの 勿体もったい 勿論もちろん すなわ 厭世えんせい 可也かなり いな 吾人ごじん 呻吟しんぎん 夜半よなか 奈落ならく 女婿じょせい 好個こうこ 如何いか 妾宅しょうたく むし 寸毫すんごう もっと 差支さしつかえ まわ 引致いんち 恩怨おんえん 情誼じょうぎ おもんぱか 懐中ふところ 我儘わがまま 所謂いわゆる 手蹟しゅせき