“奈落”の読み方と例文
読み方割合
ならく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
われは邪魔扱いにされて、まるで壁にへばりついているやもりを叩きおとすように、われ等の身体は奈落へ投げおとされるのである。
にしろつたらしい。……舞臺歸途として、隧道すのは、芝居奈落るやうなものだ、いや、眞個奈落だつた。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そして、しまいには、うすい、黄昏にはかなくえて、またにさらわれて、奈落へとんでゆくのでした。
海のかなた (新字新仮名) / 小川未明(著)