“奈良茂”の読み方と例文
読み方割合
ならも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奈良茂紀文難波屋淀屋などという黄金の城廓によるものが、武人に対立しだしている。小成金はその下に数えきれないほど出来た。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おまけに奈良茂がそのから、「かうなるととは同志や。今が今でも命のやりとりしてこまそ」つて、笑つたと云ふんだから機会が悪い。
南瓜 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
それはそれとして、日本の上流社会の一番ドエライところを代表したのがこれ位のところで、紀文奈良茂の昔語りよりも大分落ちるようである。