“奈良漬”の読み方と例文
読み方割合
ならづけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
西瓜は奈良漬にした鶏卵くらいの大きさのものを味うばかりである。奈良漬にすると瓜特有の青くさい匂がなくなるからである。
西瓜 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
南瓜を、かぼちやとも、勿論南瓜ともはずぼぶら。眞桑を、美濃瓜奈良漬にする淺瓜を、堅瓜堅瓜よし。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
のんびりした春の陽ざしの中に、銭形平次も年始疲れの、少し奈良漬臭くなった足腰を伸して、寝そべったまま煙草のの行方を眺めていたのです。