“奈良屋”の読み方と例文
読み方割合
ならや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
町年寄の奈良屋右衞門、朱座淀屋甚太夫、銀座の小南利兵衞、油屋の大好庵、米屋の桑名屋、紙屋の西村、佛師の大内藏——皆んな公儀御用の家ばかりだ
店の小僧達——よく朋輩の事を知つて居るのに聽くと、梅吉は奈良屋の身代を乘つ取るために、伜の幾太郎を勘當させて、娘のお榮を手に入れることに熱中して居た證據が
三河町の奈良屋三郎兵衛っていうと、親分も知っている通り、公儀の御用を