“奈良”の読み方と例文
読み方割合
なら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夕ばえ近い町を、伝六は左へ、名人は右へ、——お奈良茶漬宇治料理とかいたのれんが、吸いこむように右門の姿をかくしました。
慶州には周圍があつて、一方だけけてゐる地勢は、ちょうど内地奈良て、まことに景色のよいところであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
自分の研究所のW君のにいさんが奈良県の技師をしておられるというので、これに依頼して、本場の奈良で詮議してもらったら
錯覚数題 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)