“なら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ナラ
語句割合
19.2%
14.4%
11.5%
8.6%
6.7%
5.5%
4.9%
3.7%
奈良3.3%
2.6%
2.3%
2.3%
1.9%
1.6%
1.4%
1.3%
1.2%
寧楽0.8%
0.8%
0.6%
0.5%
0.5%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
平準0.2%
平行0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
平城0.1%
0.1%
0.1%
仿0.1%
吹奏0.1%
0.1%
0.1%
平直0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
温習0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
調0.1%
那良0.1%
0.1%
0.1%
陳列0.1%
馴致0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時、の一家は長んでゐた。その長には、下岡蓮杖んで、日本寫元祖である上野彦馬が同じくんでゐた。
一階南側にんでいる窓が恰も巨大な閘門のようにしい濁流を奔出させているのであったが、あの小学校が彼処に見えるとすると
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
この筆法にってわたくしはその生れたる過去の東京を再現させようと思って、人物と背景とを隅田川の両岸に配置したのである。
正宗谷崎両氏の批評に答う (新字新仮名) / 永井荷風(著)
つた枯葉いやうなのはでゝして干菜けた。自分等晝餐にも一釜でた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
当時のいとして、他国に亡命した者は、その生命の保証をその国に盟ってもらってから始めて安んじて居つくことが出来るのだが
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
牝牛小鳥は、どうしてこんなにうつかりしてゐたのでせう。早速子守歌はなければなりません。ところでつたものでせう。
お母さん達 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
「万人の鏡」と云ふ意味は万人のクリストにへと云ふのではない。たつた一人のクリストの中に万人の彼等自身を発見するからである。
続西方の人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
猛狒周圍し、いてるのだから、一寸でも鐵檻車たら最後ちに無殘げてしまうのだ。
慶州には周圍があつて、一方だけけてゐる地勢は、ちょうど内地奈良て、まことに景色のよいところであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
二十間ばかり東に離れて山腹を切り取った一坪位の平にされた所に、栂の枝で造ったて無造作な猟師の鳥屋のようなものが立っていた。
奥秩父の山旅日記 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
下で寄り集まった眼球がみんな私たちを仰向いているような気がする、その稜角の窪んだ穴の中に、頭をべて、横になったのが
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
茶の接待、水浴室の設備なども鄭重である。茶亭には花卉の鉢をべ乃木東郷両大将の記念自署などが扁額としてつて居た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
美女桜、ロベリヤ、松葉菊及び色の草花、これは先日碧梧桐の持つて来てくれた盆栽で、今は床の間の前にべて置かれてある。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
このうち双趾類というは、足のが双足の中線の両方に相対してびあるので、豹駝、鹿、牛、羊、駱駝、豚、河馬等これに属す。
日本の稲作灌漑様式は、その発達の跡にみて、明らかに四段階に分かれており、しかも現在なおこの四つの型がび存している。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
鼻が三角で、口が三角、眉を払ったがまた三角なりで、の細った頬骨の出た三角をにして顔の輪廓の中に度を揃えてんでいる。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
うつくしき君のいたるは、わが町家の軒ならびに、びなき建物にて、白壁いかめしき土蔵も有りたり。内証はく富めりしなりとぞ。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
上代寧楽の文明は、輝かしき美麗な女を生んで、仏画に仏像に、その面影を残しとどめている。平安期は貴族の娘の麗わしさばかりを記している。
明治大正美人追憶 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
その辺は綺麗にされていた。格闘したらしい跡もなかった。血のれたような跡もなかった。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
草履脱いでのつそりと三畳台目の茶室に入りこみ、鼻突合はすまで上人に近づき坐りて黙〻と一礼する態は、礼儀にはねど充分に偽飾なき真実をあらはし
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
ちやんがもことしは十歳か十一にはう、都合るいは此處には一人子寳うて、彼方立派といふだから、行々へるとおなは此處さま
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
れむべし過度の馳騖に疲れ果てたる馬は、力なげにれたる首をべて、てども走れども、足は重りて地を離れかねたりき。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
されば事に任ずる者、口にくことを得て、殿下文臣をすることを仮りて実は漢の王の七国にえて晁錯を誅せんとしゝにわんと欲したもうと申す。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
鹽原多助が忠孝の道を炭荷とに重んじ。節義は固炭の固くて動かぬのみか。獣炭を作りて酒をめし羊琇い。自己を節して費用を省き。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
葉は葉柄をえ、枝に互生して左右の二列にび厚くして光沢があり広い橢円形を成して葉縁に細鋸歯を有する。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
三円もふんって置きながら、水の中でおをしたような音を聞かせてサ、これでお終いたアあンまり馬鹿にしているよ。ああ、詰らない詰らない、こんなことなら歌舞伎へでも行くんだった。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
幼時からされた、種々なる先入見と一致せないかに見えるものから非常に注意深く、精神をできるだけ感官から引離そうと努力する人によってのみ理解せられるのである。
デカルト哲学について (新字新仮名) / 西田幾多郎(著)
春も半ばとなつて菜の花もちりかかるころには街道のところどころに木蝋を平準して干す畑が蒼白く光り、さうして狐憑の女が他愛もなく狂ひ出し、野の隅には粗末な蓆張りの円天井が作られる。
水郷柳河 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
まんまろきもの、輪のごときもの、いつまでも相逢はず平行びゆくもの、またるもの、はじめなく終りなきもの、煙るもの、なばぬかに縺れゆくものみなあはれ。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
このつの因数は、何処かで平衡を得なければならない。けれども、貧弱な日本が、欧洲の最強国と、財力に於て肩をべる日のる迄は、此平衡は日本に於てられないものと代助は信じてゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
すなはちの中にし、弓矢をばして、馬に乘りて出で行きて、忽の間に馬より往きびて、矢を拔きて、その忍齒の王を射落して、またそのを切りて、馬に入れて
ある時は深山に迷い込みて数千まれ、一生懸命の勇をして、その首領なる老狼を引き倒し、上顎下顎に手をかけて、口より身体までを両断せしに、の狼児は狼狽して遁失
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
大伴家持が紀女郎に贈ったもので、家持はいまだ整わない新都の久邇京にいて、平城にいた女郎に贈ったものである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
沫雪のほどろほどろにけば平城京師ほゆるかも 〔巻八・一六三九〕 大伴旅人
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
古カルデア人が、オナッガに戦車を牽かせ、韃靼人は、キャングを飼いす事あり(マスペロ『開化の暁』英訳七六九頁、ウッド『博物画譜』巻一)
馬の情緒が擾馬家次第で急に変化する事驚くべく、馬をす方法諸邦を通じてそのは一だ、すなわち荒れ廻る奴の前二足あるいは四足ことごとくりて横に寝かせ暫く狂い廻らせ
少しずつしててパセリをく刻んでて塩胡椒で味をつけてい加減な固さになった時ブリキ皿へ盛って上をしてバターを少し載せてパン粉を
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
翌日その茄子を出して今の塩水の中へを五合に芥子を二合五勺溶いて入れての中へその水で茄子を漬け込んでよく攪き混ぜてよくして紙を一枚載せて上等の酢をその紙へ振りかけます。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
それを皇侃の論語義疏と解するのは、嘗て寛延板が邢昺本に仿つて変改してあるのにぬため、当時の学者は古鈔本を捜すことになつてゐたからである。黄帝内経は素問と霊枢とである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
喇叭ある喇叭吹奏し、何物双手げて、りに帝國萬歳! 帝國海軍萬歳連呼せられよ、だん/″\とづく二甲板巡洋艦縱帆架に、怪艇艇尾
人心観想の黙移実に驚くべきかな。近体新声の耳目にはざるを以て、倉皇視聴をはむとする人々よ、詩天の星の宿はりぬ、心せよ。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
やはり岩乗な鉄の寝台が一個、入口の方向を枕にして横たえてあるが、その上の真白な寝具が、キチンと敷きべたままになっているところを見ると、まだ誰も寝たことがないらしい。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
乱れた姿で、中形青海波の浴衣の腕を露呈に、片手に黒いき、装塩をしながら、んだを、抜いて持った銀のの脚で、じゃらすように平直していた。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
其頃武内富士見町薄闇長屋見たやうなつてながら太平楽べる元気がでなかつた
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
朕又別に金字もて金光明最勝王経をひ写して塔毎に各一部を置か令む。ふ所は聖法の盛なること天地と共に永くり、擁護の恩幽明りて恒に満ちむことなり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
土浦かられたてゝ自分いた。それでもへはひつたがぼんやり自分戸口つた薄暗ランプがつてぶつてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
茅草・尾花の布きく草の海の上に、の雑木林が長濤のようにうち冠さっていた。榛の木は房玉のような青い実をつけかけ、風が吹くと触れ合ってかすかな音を立てた。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
麹町辺であるが、どこをどう廻ったのか、真砂町の嬢さんがこの辺へ来るのは、旅行をするようなもので、野山を越えてはるばると……近所で温習っている三味線も、旅の衣はすずかけの
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その餘のものはそれにつて落着くのだ。
(旧字旧仮名) / ライネル・マリア・リルケ(著)
一体女というものほど太平の恩沢にされて増長するものは無く、又しい世になれば、ち縮まって小さくなる憐れなもので、少し面倒な時になると、江戸褄糸瓜も有りはしない
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
眼前にあるソースや入物だの、ごちや/\べた洋酒のだの、壁紙で貼りつめた壁だの、その壁にかゝる粗末の額、ビイルの広告などは、反つて私の身を置く場所にしかつた。
(新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
長沮桀溺びて耕す。孔子之をぎり、子路をしてを問わしむ。長沮曰く、輿を執る者は誰と為すと。子路曰く、孔丘と為すと。曰く、是れ魯の孔丘かと。曰く、是なりと。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
かつて「聞くく奈落の底に沈みなば刹利首陀も異ならざるなり」と詠みたまいしを空海がかく悟りてこそ「如来位までは成り登るなり」と讃めまいらせたなどを
唐訳『花厳経』七八に、〈人あり竜を調す法を善くす、諸竜中において、易く自在を得〉、西洋にも昔はそうと見えて、プリニウス八巻二十二章に、ギリシア人トアス幼時竜をらせしに
かれその大山守の命の骨は、那良山にめき。この大山守の命は土形の君、幣岐の君、榛原の君等が祖なり。
これは駒ではないが、細工場でおもいをふるって、真赤に焼けた金をすごとに、そのひのひびきに応じて土間ぐちに近く一本立っている桜の木から、雪のような白い花びらがヒラヒラ舞い落ちる。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
コックスが肥後か肥前の王五十万石を領すといえるは忠広なる事疑いなくこの人勇武なるのみならず外人に接する礼にい世辞目なき才物たりしと見ゆ。
会場の中でも大きな四方硝子の箱のをはずして真ん中へ敷き物を敷いて四ツの狆を陳列べました。数が四つというので、見栄がする。見物が大勢それにってなかなか評判がよろしかった。
更に爺さんの恐怖がどれ程であつたでせう。其地主に向つては殆んど絶對の服從をすら甘んずるばかりに物堅い爺さんの頭は馴致されて居るのであります。
白瓜と青瓜 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)