観相の秋かんそうのあき
虚と実とは裏と表である。実にして虚、虚にして実なるが故に尊い。何れは先づ実相のまことを観、観て、深く到り得て、更に高く離れむ事をわたくしは願つてゐる。 実相に新旧のけぢめは無い。常に正しく新らしいからである。これを旧しとなすは観て馴れ過ぎた …
作品に特徴的な語句
みまし のど たなひら あひ なべ せち うは こご いつ 一寸ちよい 接吻くちつけ 御前みまへ あつた たたなは かう きほ なほ うつす さう こご しはぶ 薔薇いばら 出立でた かが さみ おく 戸外とのも しも 愛惜いとほし たより 何処いづく いたづら また 此方こち 酔漢よひどれ そびら かけ かな いたゞき さを 心地ごこち 住居すまゐ はつ とぼ をど すがた ちひ あぢ なほ くす 空間そらあひ 背後しりへ つち 御頭みつむり はり 此度こたび まは みぎは 小枝さえ とま けもの あめ くね こと あきらめ はや はろ さか 両側もろがは ひと つむり くが 駅路うまやぢ