“一釜”の読み方と例文
読み方割合
ひとかま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つた枯葉いやうなのはでゝして干菜けた。自分等晝餐にも一釜でた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
よろこんだのは金兵衛で「こいつを香具師に売ってやろう。うん、一釜起こせるかもしれねえ」壺を抱えて山を下った。
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そしてそっぽを向いて(これからは、でも世界一主義で行って一釜起すんだ)といた。